トップページ > 新見市の紹介(豊かな食文化)

新見市の紹介(豊かな食文化)

おいしい食べ物

千屋牛

千屋牛

日本最古の蔓牛(つるうし)として知られています。天保5年、新見市千屋で製鉄業に富を成した太田辰五郎(おおたたつごろう)(1802~1854)が、和牛のセリ市場を創設。良牛の飼育と普及に努め、体形・肉質ともに優秀な「千屋牛」の基礎を築いたことに始まります。その後、何度も品種改良がなされ岡山和牛振興の基礎牛ともいえる「第十三花山」が誕生。今日の岡山県種雄牛系統の基礎となり、「千屋牛」は県を代表する優良肉質和牛銘柄として広く知られるようになりました。千屋牛は、高梁川源流の豊かな自然環境のもと、「優良和牛」「健康牛」「安全牛」「安心牛」「信頼牛」をコンセプトに大切に肥育され、ほどよい霜降りと柔らかい赤身が特徴で、その美味さは多くの人を魅了しています。

ピオーネ

ピオーネ

ピオーネは、巨峰にカノンホールマスカットを交配して育成したもので、上質な香りとみずみずしい果肉が特徴の、紫黒色をした大粒のぶどうです。中でも、岡山のニューピオーネは種無しなので食べやすく、とても人気のある商品です。岡山県はピオーネ栽培においては生産量、作付け面積ともに全国一位です。 新見市でのピオーネ栽培は、標高400m以上の石灰岩地帯からなるカルスト台地を中心に行われています。水はけが良く、寒暖差が大きいなどの自然条件により、甘くて粒が大きい、着色がきれいなピオーネが生産されており、市場からは高い評価を得ています。

チョウザメ・キャビア

チョウザメ・キャビア

日本最古の蔓牛(つるうし)として知られています。天保5年、新見市千屋で製鉄業に富を成した太田辰五郎(おおたたつごろう)(1802~1854)が、和牛のセリ市場を創設。良牛の飼育と普及に努め、体形・肉質ともに優秀な「千屋牛」の基礎を築いたことに始まります。その後、何度も品種改良がなされ岡山和牛振興の基礎牛ともいえる「第十三花山」が誕生。今日の岡山県種雄牛系統の基礎となり、「千屋牛」は県を代表する優良肉質和牛銘柄として広く知られるようになりました。千屋牛は、高梁川源流の豊かな自然環境のもと、「優良和牛」「健康牛」「安全牛」「安心牛」「信頼牛」をコンセプトに大切に肥育され、ほどよい霜降りと柔らかい赤身が特徴で、その美味さは多くの人を魅了しています。

桃

桃

ピオーネは、巨峰にカノンホールマスカットを交配して育成したもので、上質な香りとみずみずしい果肉が特徴の、紫黒色をした大粒のぶどうです。中でも、岡山のニューピオーネは種無しなので食べやすく、とても人気のある商品です。岡山県はピオーネ栽培においては生産量、作付け面積ともに全国一位です。 新見市でのピオーネ栽培は、標高400m以上の石灰岩地帯からなるカルスト台地を中心に行われています。水はけが良く、寒暖差が大きいなどの自然条件により、甘くて粒が大きい、着色がきれいなピオーネが生産されており、市場からは高い評価を得ています。

紅茶

紅茶

新見市は、紅茶の栽培に必要な昼夜の寒暖差や朝夕の霧といった自然環境が整っています。この環境のもと栽培された紅茶は、香り豊かな味わい深いものとなっています。

山羊のミルクスイーツ

山羊のミルクスイーツ

山羊のミルクは、ビタミンやミネラルを多く含むなど栄養価に優れ、牛乳とはひと味違う濃厚な味わいがあります。この山羊のミルクを使い、プリンやシュークリームなどが商品化されており、体に良い美味しいスイーツとして人気を集めています。

トマト

新見市は、県内でも有数のトマトの産地です。昼夜の寒暖差と充分な日光によって真っ赤に育ったトマトは、地元岡山のほか京阪神へも出荷され、消費者から人気を集めています。

ワイン

ワインの銘醸地・ブルゴーニュと似た気候と風土を活かし、ワイン用などのブドウ栽培が行われています。このブドウから醸造されたワインは、国産ワインコンクールで賞を受賞するなど専門家から高い評価が与えられています。