トップページ > 新着情報 > 「シミュレーショントレーニングin新見」が開催されました

2020年01月14日

「シミュレーショントレーニングin新見」が開催されました

1月11日(土)13時30~16時00分
 新見保育所遊戯室において、岡山大学医療人キャリアセンターMUSCATサテライトオフィスPIONEの主催(新見市地域医療ミーティング協議会等の共催)で「シミュレーショントレーニングin新見」が開催されました。
 このトレーニングは、市内の保育園等に勤務する保育教諭を対象に、実際の保育園等と同様の場面を設定し、起こりうる事故を想定した急変時の対応訓練を行うことで、保育教諭としてのスキルアップを目指すものです。
 講師は、岡山大学病院救命救急科の塚原紘平医師、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の万代康弘医師、新見公立大学非常勤講師の溝尾妙子医師、新見公立大学健康科学部教員が務めました。
 受講者は新見市内の保育園等に勤務する従事者50名で、「アナフィラキシー」「けいれん」「誤嚥」の講義を聞いた後、講師のデモンストレーションを観察し、グループに分かれてシナリオを実践しました。
 実践後の振り返りでは、できた点・できなかった点の確認を行うとともに、実践の中で生じた疑問を講師に確認するなど、初期対応のポイントなどを修得されました。